5種類の自律神経失調症性生活様式が急死しやすい

5種類の性生活方式で急死しやすい医網要旨:夫婦とは別々に暮らす、長期出張や旅行帰りの夜や長時間の肉体労働に参加する、心身が非常に疲れ、この時過性生活が急死しやすい.1、病気に苦しんで、病気の人、器官の生理的調節機能がもうが正常な状態にして、特に、高血圧、冠状動脈疾患者の性衝動を中枢神経興奮し、血圧が高くなる、血管けいれん、心筋梗塞や脳出血を誘発しやすい
媚薬選び方.2、過労夫婦とは別々に暮らす、長期出張や旅行帰りの夜や長時間の肉体労働に参加する、心身が非常に疲れ、この時過性生活が急死しやすい.3、飲酒性交一部の人は少量の飲酒は興奮をしようとする自分の中枢神経係、性欲を強める、これは取る価値がない.アルコールには、心血管係の刺激血管けいれん、血流を加速し、血圧が高くなる、誘発心脳血管の病気、死亡.アルコールの作用で性衝動な刺激協同て、更に容易な発生.4、ストレスは精神的な緊張、自律神経失調症、情緒不安定な状況で性交、特に婚外性関係が発生し、精神的緊張から、恐らく他人の発見や情緒異常な興奮を誘発しやすい心脳血管の病気が発生し、性生活.5、年齢差の男女年齢差がありすぎて、年上の者の性生活は長く、性的興奮も比較的に強いため、発生しやすい.日本の専門家を発見した専門調査、男性の死亡者の平均年齢46歳、女性の平均年齢は33歳の差があって13歳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です