長寿の自律神経失調症飲食の4字の訣

北方で、私達は味の重い食品を偏愛していて.漬物,自律神経失調症、漬物、白菜のピクルスと一般的に食卓は欠かせない調味料で、片粉あんかけ肉よりは道のごちそう、祝日必須;と南方と違い、食前スープを好きでないのではなく、スープを食後だとこうなると、このご飯食べてやっとのんびり.私たちの健康のために、この食習慣は、私たちの健康に大きな隠れている.含塩量の高い食品の中で、一部の蛋白質が変わる亜硝酸塩ため、がん、短い時間の摂取量を大量に脂肪、蛋白質を血液中に蓄積する、血液粘稠;食前スープが潤滑消化、胃から食事を用意し、分泌を消化液、食後のスープは希釈消化液消化、影響.今期私たちは特別にあなたを掲げた如皋長寿の老人の健康食習慣は、多くの読者友人から希望を参考に、幸せ、健康の晩年.(一)淡少ない塩淡食時如皋人の食習慣は、彼らの料理はあまりない塩を入れて、みなが通常2、3ヶ月しか食べ1包みの500グラムの塩、他の地方の人から見るとちょっと不思議.明代の学者陈继儒『養生膚語」に話した人少なく塩長寿のエピソード.彼は、彼はかつて1つの地方に着いて、そこに兄弟三人、すべて80数歳になって、体はまだ非常に丈夫で健康です.彼は3人の兄弟養生の秘訣、3人は言う:“私達は塩をなくて、塩を食べるのは困難で、だから私達はできるだけ塩を食べて、しかも毎日農作業をして、その他何もありません.」明代の著名な養生家王蔡も彼の《修真の秘要』で強調:酸味傷は筋、苦味の傷は骨、甘辛肉は不適,多く敗正気が、塩を促す生命.彼は食生活は五味と調和して,どんな味が多すぎると体に損害をもたらし、特に塩は食べられない、短い、人に短い寿を与えることができる.純粋に生理が必要とすると、毎日1グラム1グラム食べると、もちろん、その料理は味があまり味がないので、世界衛生組織が簡易成人して毎日塩は6グラムを超えない.南方人の飲食は薄くて、一般にこれ以上はない量が、北方人の好みと偏重、塩、醤油を入れが少なく、料理が食べられない、しかも鍋以外、まだ食べ漬け、ベーコン、塩漬け卵などの食品、塩の摂取量を毎日きっと規準を超える.体が健康で、必然的に暗い、何の長寿.提案の見習い如皋人の学習、炒め物をするときは少ない塩を入れたり、砂糖、酢、ショウガ、ネギ、コショウ、にんにくなどの代わりに塩と醤油で味付けしたり、堅持し通して、あなたも陈继儒会った三兄弟のように生きてとても長い.(2)の雑誌雑とは、玄米、白米と小麦粉を混ぜて食べて、肉料理、精進料理を食べると組み合わせて.如皋浜江臨海ため、地形は平坦で、両方の海陸物産、だから、ここで雑穀、果物、野菜、魚、肉蛋などの製品は非常に豊富で、この決定如皋人の栄養摂食決してシングル.現地の長寿の研究所の調査データによると、もし百歳寿老人に93%人間は食べる米、小麦粉などの白米と小麦粉、また食べるトウモロコシ、大麦などの雑穀.主食の外、野菜も組み合わせて、.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です