親しくからの自律神経失調症女生徒で、すばらしい(福建候補)

感情、どんなに微妙な言葉.情は、感を生み、感に、は、情として.物事に対しての感情が違うので、我々は物事の認知が違う.

故郷のすべては美しくて、中華民族根強い故郷コンプレックス、ふるさとには無限の愛と親しくして、われわれは理由があって、それを信じ.覚えてる莫怀戚彼のエッセー故郷落日》の中でかつて言って、雲海の落日の定まらない柔マン、アメリカ落日あっという間に落ちて、ただ故郷の落日こそ、胸を打つものの心――「それが私の落日よ.実は、はあの赤い太陽がどう違うのではなく、故郷の落日を積載した多すぎる想いと感情と私たちの記憶.あの輪夕日照らし枯れ藤老樹昏鸦照らし、小橋流水人家、トレースのは記憶の最も深いところで少しずつ故郷の熱愛について.

心の上の共鳴を感じ物事の美しい.見て飛流直下三千尺、我々の感じは一種の豪快な;見傲雪靑松屹立北風で、我々の感じは不屈.明月が高く空を見て、私達は思い付いたのは長生きを願って、千裏共に嬋娟.物事には本来は非情にも、私たちの心の上の親しい感じをそれらは美しく.だから、古今いくら文人墨客たちを見て、雁列大空、トラがほえて深い林には、最初の水面、花吹雪、秋雨を出す桐も最も深い心のため息.

韓非子』には寓話、宋金持ちの家の壁に雨に降られて壊れて、息子は「直らない、人が盗んだ.隣人とも言える、果たしてを盗まれた.金持ちの息子と聡明で怪しい隣人.このは寓話も説明した感情の上の親疎の私達に影響して物事に対して認知の正誤.同じ話が、なぜ息子は聡明で隣人は怪しいからこそと感情の上で息子を近づけて思うので、自分のため、隣人の話ですね、は1種の呪いに近いかもしれない.

林清玄文章があり風に転倒しない風』という、小さい時はいつも歩いて転んだときにはおばあさんを風に、どうを私の子ができるつまずいて?かわいいからといって自分の孫だから、なんだか孫が正しいのは風が憎らしい.おばあちゃんの慈しみ善良が.これは、感情の親疎、決定している我々に物事の認知.

同一首歌に、さまざまな境地を、さまざまなを聞く人は違う.玄宗は自作の羽衣曲』は、中から聞こえてくるのは俗世間のため、私達の中から聞こえてくるのは亡国之音.

岳飛のから愛され、私たちに「靑山幸運を埋め忠骨が、秦桧の恨みから、私たちにブリキ無辜鋳�臣.

覚えがある詩人は心から生境.大きい程度で明かした感情と認知の関係.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です