留学の自律神経失調症3つの理由

大学を卒業したその年から、私は決定してから自分のための成長が読書には二度と糊口生計を立てるために他人を読んで読む本.大学の時に自分の自習の基礎で、しかも哲学のにある自分の先生に心服し、だから、私は出国の読書のつもりはない.その後、教えたいから業、工学院を卒業した当時は小中学校や職業の勤務を経て、だから念修士.修士を卒業した後に殘って、意外に台灣清華大学講師、自分の研究テーマを、自分で書く論文発表を考え続けて、そして自分の哲学の問題と人類の文明の発展の議題について.

こんな充実し、また家族と一緒に安定した生活を送るため、どのようにもどのように促す勧誘先考、目上の人、私にもしない出国.

でも、私が完成される出国学位の後、私は自分の子供によく励まし出国.私は彼らには3つの海外の理由:

自分が見える能力の限界に

僕は台灣新竹中学3年、記憶の最も深いのは初めて走った後3000メートルのオフロードの長距離競走の山.私はずっと個靑白きインテリ、一度もない.普段はバンド活動に参加しないが、オフロードマラソンの訓練.一気に駆け3000メートル、そして後半は上下の坂道で30分以内で完走し、私にとっては不可能.私は山の場所までもうだめで、太ももの硬直根本のわかない、まるで足に縛っている千斤の砂袋(長距離競走の人と私はこれは・・);は恐らく間に合わない30分以内に走るしかないで、苦しいに走り続ける力.たぶんまた過ぎて5分、足は感覚が麻痺したように、気を失う、もうだるくて痛くて、、早足に上りと下り続けて走るの後半.それ以来私は知っていることは:人の潜在力は彼より知りうるのはもっと大きくて、事前に押し出してからこそ.

しかしその後、私は二度となかったという経験は、ケンブリッジに行くまで.指導教授の研究テーマは私に純粋な理論の分析と証明して、必要のないプログラムもいら実験.彼の指示をはっきり:1年以内にこの問題をはっきりとすべての過去を突破できる論争、さらにはボトルネックの研究方向と初歩の構想、2年内が発表した研究成果を出して.彼と一位バークレー電機係教授はこの問題で論争が十数年で解決できないのに、私は一年で考え出し解法、圧力の大推して知るべし.ストレスが大きいと考え、私は一日中絶えず、寝ると炊飯と.私は毎日のご飯を炊くだけに、野菜を切っても指を切ってちょっと緩て考え、無理に休み.

最も誇張の一度は疲れて寝ちゃいましたが、この問題の解法を夢に見て、そして夢の中で自分とは言います:早く目が覚めて!そこで夢現に起き上がって、頭の中の方程式を書いて、また疲れに帰って」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です