熱中症はどう夏ご小さな民間の自律神経失調症処方を下げて暑気を払っても食欲を満たす

夏の太陽光は時間が延長され、地面の温度は40度に近い、人は外ですぐに熱中しやすい、熱中症後の飲食には何か注意しなければならない.また何を食べて体を整えべきですか?今日はみんな集めた5つの暑気を払って小さい民間の処方.

p> <いち、リョクトウヘチマ花

暑気を払う

処方:リョクトウろくじゅうグラム、鮮ヘチマはち一輪の花.

清水一大盛り,自律神経失調症、リョクトウリョクトウ、リョクトウ、すくい上げる、ヘチマ花煮沸、ヘチマ,ヘチマ、ヘチマ、ヘチマ.温服汁.

効果:熱を下げて、暑気を払う.夏の気温が猛暑に起こした熱中症.

に、黒砂糖緑豆沙暑気を払って取り除く热毒

処方:リョクトウひゃくグラム、黒糖25グラム.

制作法:リョクトウをゆでて,スプーンで鍋の中でつぶしてほうがいい、とろ火で煮から無スープ、調味料は黒砂糖.

P効果:解熱解毒.治小児暑さ瘡ができる疔.夏は暑いのによく食べる小児暑気を払って熱を下げて、煩わし渇き以外の機能.