春には思春期には女子学生が自律神経失調症多い

思春期女子生長の発育速度がピークに達して,思春期の発育の良し悪しに直接影響して,以降の健康状況.思春期の体の発育を良好にするために、食には多くの注意を加えるべきだ.思春期の女の子から、月経開始潮、体の変化が比較的に男の子が更に明らかで、栄養の需要はその特殊性.

思春期の女の子、カロリーの需要が大きく、毎日の熱量を2600-2700カード、大人より多い.

p熱需要大、朝ご飯は食べて

思春期の女の子、カロリーの需要が大きく,自律神経失調症、毎日の熱量を2600-2700カード、大人より多い.これらの熱量は主に糖、脂肪、蛋白質に由来して.一部の人が朝食抜きや満腹カロリーの供給は、明らかに不足は、影響が育つから、必ず食べる朝食.

P栄養補充は全面的に、偏食を忌む

栄養補充して

に思春期の女の子たんぱく質、ミネラル、水分がかなり、それも全面的に.女性は蛋白質の必要を80-90 g /日.さまざまな食品の中の蛋白質の構成はアミノ酸の種類が違うので、食べ物は多種多様にこそ、アミノ酸の補充を全面的に.

p初経生も、辛い食べ物<P>

思春期女子注意月経期で食用に食べ物を避けて、さもなくば体の損害をもたらしやすくて.

生もの類、すなわち漢方医の言う寒性食品、例えばナシ、バナナ、クログワイ、いたわけで、石花、耳.これらの食物が多い滋陰解熱解毒、逆上をとる効果、平日食用、人体に有益な、しかし月経期はなるべく食べないあるいは少なく食べて、さもなくば容易に生理痛や月経不順などの症状.

激辛類、シナモン、サンショウ、クローブ、コショウなど.この食品はすべて味が薬味て、普段料理に唐辛子など、料理の味がもっと良くなります.しかし、月経期の子が食用するこれらの辛い刺激性食品、さもなくば簡単につながる生理痛、月経過多などの症状.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です