数百年前に古人自律神経失調症は養生

に頭部のたくさんの重要なツボを刺激、効果的な多くの経穴、血行促進、堅固な毛根、疎通経絡.だから、この動作をしないようにしてください.どのように髪をとかすて最も養生?生命時報は、複数の専門家にインタビューしてあなたに正しい髪を教える.

pは,
媚薬 人気,自律神経失調症、訪中専門家

を受けて

中華医薬学会科学分会主任委員温长路

南京市中西医結合の病院を治療する未病科主任医師倪正

湖南省漢方薬大学第1付属病院教授、緩く香恵

湖南医薬大学教授李文海

髪結い養生は昔から

としてあるは毛主席人の特殊な好みではあり、漢方医学説はとかす養生に早く研究するという.

宋蘇東坡は言った:"すく百櫛、散頭臥、熟して至明.」延命書髪髪は多く、明目に風、常に120数.诸病源候论』の中で「千た髪をとかす、頭は白.昔から、髪の養生保健価値が発見されているということです.

しかし、フケ神経と毛細血管を刺激し、神経がたるん、血液循環を促進します.具体的には、髪をとかすて次の保健作用にはなら可能です:

p1滋養髪

1滋養髪

p>を刺激し<頭皮末梢神経、改善と向上頭部の血液循環、脱毛、禿髪と早く白などの治療の作用が、頭皮の麻、頭皮の痛み、フケや髪出油などを改善して、髪質、抜け毛を減らすのも有効.

p>梳法:<髪はきっと全头梳にかかわらず、頭の中が両側りを額の生え際ブラッシング後の根元までずっと首先、各部位をごじゅう少なくとも度上効果、上限を心地良くはもちろん、櫛、玉の櫛で牛の角、最高の櫛.

に健やかな脳を鎮めて

の髪は頭皮マッサージ,さらに刺激頭部ツボを促進し、頭蓋の血管の拡張、リンパ液リフローを加速し、それによって改善頭蓋の脳細胞老化遅らせるエール、過程から、さらに健やかな脳防衰え作用.

p>梳法:先に<梳開発尾結び所から梳発、中段に尾からそっと梳き毛先に毛根頭皮を刺激されて、髪髪と頭皮の垂直方向、整理の順番はまず額際後ろに櫛、生え際から前にブラッシング後に沿って.そして、左、右の耳の上にそれぞれ各自の反対方向に整え、最後に髪振り乱して四方向头の整理.

毎日早く、中に梳3回、毎回10分.1か所あたり5―6回、全体の髪の毛は100回をとかして適当である.

使い柘植の櫛が、牛の角をも.櫛宜寛大を確保するため,髪にも一定の押し、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です