人生の自律神経失調症わんわん物語辛酸苦楽釣り

約束していない、私の世界は雨が降っていて、また一度だけの遠足を待つの枯れた心、乱雑な枯れ草を慰めて庭のやせて、風の中のため息は本来の静寂を騒がせ.「別れの曲を歌ったことがあり、大昔、荒涼の古城琵琶可否も弾み、物寂しいの冬に、心はすでに荒廃、待つになった今月のテーマ.筆をスケッチしてみて1枚の春の花の秋月春の花の秋月絢爛で、朗々として、それでもができないので、その律動不忍不忍の美んじゃ静かに絵を.花の震え蝶舞蜂恋を引きつけ、月の静寂が曠古境地、定格は紙宣、形は神がなくて、吸収するのは1部のいつのに殘念.

どのみちふと振り返ってみると、はっきりしたり、または、一条マカダム輝く石特有の光沢まで延びて記憶の彼方へと、思考の水便た四季の腕を幾つもの冬から、殘りの寒さ、そして明るくなったり暗くなったりの糸筋の日光.ぽたぽた垂れている任時間歩いたことがあって、任時光を脱ぎました靑春の色、渡船1隻の叶舟運転できない、とりとめのない歳月の川を遊泳して、望みは河の中に一かごをすくい取って春の笑い、突然発見して、隠れて歳月の中では月光の宝の箱、ほこり、わんわん物語、またその期待されている長くのぬくもり.

ページを開け、文字は瞬く間に、瞳に見える文字列の数字は、元の長年に、その数は私の目の前に.それはどんなユニットは、1件の事を鋳造の鍵、軽く絞り、あらゆる空間は開放
ぼっ起不全.時間も立って、建てで、目の前のは不変の古物ともう若くない自分.あのね、かつての舞う情趣と経歴かかどうか、依存斑の光陰が碎影でね、その反映の交錯した光が出会った後にまたが蔓延しているだけで、心の鏡調整角度決定は合っても平行.

人生の座標は何ですか?その経緯の間の选択の総会はあまりにも多くの絆と禁錮ロック、手足も束縛した思想、あなたを包囲の中でうろうろして、見た城門は出られない、実は別の思考は、歌のようで歌うのは、外の世界はとてもすばらしくて、外の世界はとてもしようがなくて、外漂泊の人は、渇望が身を寄せるの片隅で、1種の恋しい賛成.何かは判断は非の根拠としては、选択した方式は答え探す過程、答えは、自律神経失調症、重要なものは無視の結果、真剣に答案.

生活は遠く、毎回新しい方向にしても、足元の道を重ね、殘した足跡は元の足跡に覆われ、土に足を踏み入れ一方、異なっている義理人情.で遠出の過程の中で、運命付ける離合の別れと出会い、運命付ける悲喜こもごも、異例の古難全ただ、希望、いいものが多くなり、もう少し.

喜びの気持ちを持って、景色を見る風景が美しく、食品の目に、しばらくは忘れてそんなの憂うつと感じ、すべての失>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です