自律神経失調症ってどんな病気なの?

自律神経失調症とは、不規則な生活や習慣などにより、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れるためにおこる様々な身体の不調のことです。

まずは自律神経のことを理解しましょう。自律神経は内臓や血管のはたらきをコントロールする神経で、血圧、心拍数を上げたりする交感神経と、その反対のはたらきをする副交感神経からできています。交感神経は活動的な昼間に、副交感神経は安静時の夜間に活発になります。

自律神経失調症のことについてははっきり身体の病気がないのに、精神的な影響で、自律神経症状が体に出る状態です。自律神経失調症の症状は大体全身倦怠、めまい、頭痛、動悸、血圧の上下、下痢、不安感、緊張、イライラ、発汗、ふるえ、肩こり、吐き気、食欲不振、不眠といったことです。しかも、男性の性機能も影響されています。そのときはシアリスで性機能を直しましょう。

ただ、これらの症状から安易に自律神経失調症と自己診断してはいけません。うつ病やパニック障害などの可能性もあるからです。

その一方で何らかの身体の病気があって、心理的なものが深く関わっている場合を心身症といいます。例えば、ストレスによる胃潰瘍や高血圧、気管支ぜんそく、過敏性腸症候群などの病気にももたらします。

ところが、自律神経が乱れると本来なら熟睡して体を回復させるべき時に、副交感神経の働きが悪くて眠れない、運動していないのに交感神経が働き心拍数が上がって動悸が起きる、また呼吸が早くなり、

暑くもなく、体を動かしてもいないのに交感神経が働き汗が大量に出てきて、立ち上がる時に血圧がコントロールできずに立ちくらみを起こし、体温調節がうまくできなくなり、火照りや冷えを感じやすくなります。

現代人はストレス過多で交感神経を過剰に働かせている傾向があります。自律神経失調の症状も交感神経の働き過ぎによる物が多いのです。漢方には「気・血・水」という考え方があり、自律神経失調症は「気」の異常と考える場合が多いです。体質、症状を考慮し、体のバランスを整えるという漢方の治療は自律神経失調症に対して大変有効なことが多いです。

オススメサイト情報

媚薬最大の効果は夫婦関係の改善、セックスは夫婦関係を深める、そして夫婦関係増進の近道だと思われる。

レビトラの個人輸入については、個人が自分で使用する場合は、薬事法上の許可を受けなくても一定数量以内であれば認められています。

勃起不全EDとは性生活の中に正常の勃起を維持することができない状態である!一般的には勃起障害、ED、勃起不能、などとも呼ばれる。

バイアグラとはアメリカのファイザー社が1998年発売した性的不能治療薬です。もともとは心臓病薬として開発されましたが、男性の陰茎の勃起作用が注目されて、ED治療薬に転換しました。

タダラフィルはシアリスのインド製ジェネリック医薬品であります。ED治療薬としては、新しいタイプのものです。バイアグラやレビトラとは違い、副作用のリスクが低く、効果の持続時間がとても長いことが特徴です。